スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014夏アニメ 信長協奏曲

最終回の先ががすごく気になるアニメでした。
現代の高校生が戦国時代にタイムスリップするという、まぁよくある設定のお話です。

織田家から逃げ出した本物の信長さんは、彼とそっくりな高校生サブロー君に事後を託して逃げてしまいます。
サブロー君は勉強のできない子で、歴史上の人物の名さえ殆ど覚えていない有様。
信長が天下を取ったと信じ、自らも天下取りのために動いていきます。
都合よく持ち合わせていた天才的な軍略と、当時の人には考えも及ばない斬新な政治により織田家を盛り立てていきます。
このサブローくんが現代高校生らしい軽い口調とフットワークで話が進んでいくのがなんとも面白い。
他にも登場するタイムスリップ者もそれぞれ個性的で魅力的でした。
同じタイムス察リップ者の警官、斉藤道三との出会いと別れ。
現代の筋金入りのヤクザ、松永久秀とのやりとり。
ホームラン王の黒人選手。
今川家の忍びで木下藤吉郎に成り代わった男の暗躍や、明智光秀としてサブローに仕えることになった本物の信長。
残念ながら話は浅井長政との戦、比叡山焼き討ちで幕を閉じてしまいました。
二期があればぜひ見たいアニメです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。